子供に着せるものは長袖にするようにしていた

子供によく服を着させていたのですが当然こだわりを持っていました。それは長袖にすること、ということです。自分でそれなりに把握できるような歳になった後には好きなようにさせていたわけですがそれまではどこぞにぶつけたり引っ掻いたりということをしたりするので出来るだけ長袖を、ということにしていました。ですから長袖長ズボンというのはそれなりに意識するようにして子供に着させていました。さすがに夏というのは難しいこともあるのですが、かなり薄い感じのものにすれば暑さはそれほど感じないでしょうし、それを意識して着せるようにしていたのです。これがなかなか成功したことになりましたから、人にも勧めているくらいです。 メーカーなどには特にこだわりは見せなかったのですが大事なのはどんな素材でできているのかということです。麻などがよいということもあったのですが、最終的には絹にしました。そのほうが肌触りがとてもよいことは間違いないからです。
ホットビスケッツ